機械翻訳サービス

機械翻訳(MT)では、コンピューターとソフトウェアプログラムを使用して、翻訳を自動的に生成します。人間と同等のレベルがすでに達成されているかどうかを議論する意味はありません。この技術は、適切な条件下において、貴重な資産であり強力なツールになり得るまで進化したということです。

Trusted Translations には、さまざまな種類の機械翻訳ソリューションの実装に特化した専門チームがいます。弊社のチームは、最先端のMTテクノロジーを扱い、MTソリューションを他の翻訳ツールと統合する方法を理解しているだけでなく、人間によるポストエディットおよびさらなるレビューサービスも行っています。最新のMTテクノロジーの利点と制限される点を完全に理解することで、特定の状況でMTを効果的に使用できるかどうかを判断できます。

弊社の専門スタッフはコンサルタントとして、MTソリューションが特定のクライアント、ドメイン、プロジェクトの範囲に適しているかどうかを分析します。サンプルテストを含むいくつかの手順を実行した後、お客様と弊社の専門スタッフとの両方がMTソリューションが機能することを決定すると、弊社のチームは実装する適切なワークフローとテクノロジーの設計に取りかかります。この最初の段階に費やす努力は、エンドユーザーのニーズに合わせて最高品質の出力を生成しながら、クライアントのROIを最大化するために重要になります。

大量のコンテンツを頻繁に処理する必要があるお客様の場合、弊社のチームはすべての段階をさらに分析して、最高のMTサービスを提供します。これには、実装のすべての段階でお客様の目標が達成されていることを確認するための中長期的な分析が含まれます。つまり、最適化された状態の一貫性と信頼性を実現するには、段階ごとに異なるツールセットが必要になる場合があります。たとえば、初期の段階ではより多くの人間の翻訳者を使用してエンジンを学習させる必要がありますが、後の段階はより単純な品質管理(QC)で管理できます(具体的には、用語を確認したり、スペルチェックと文法チェックを実行したりします)。

ニューラル機械翻訳

MTソリューションは以前からルールベースと統計ベースの二つの基本的で異なるモデルで構築されてきました。MTの開発は論理的な経路を辿ってきました。最初、計算言語学の研究における専門家は、コーパスを扱うための基礎は文法規則であると考えていました。そして数年後、統計と統計モデルが参入してきました。次に、ハイブリッドモデルで両方の概念(ルールベースと統計ベース)を統合しました。

収穫逓減の法則は、小さな増分的な改善に反映され始めました。初期のMTユーザーの多くが信頼を失い始めたとき、ニューラルネットワークのコンセプトを適用することで、飛躍的な進歩が得られました。ニューラル機械翻訳(NMT)は、市場において著しく参入しました。NMTは、すべての言語の組み合わせにおいて古いテクノロジーと比較してはるかに優れていることを実証する際に、競争力を示しました。もう一つの驚異的な利点は、すべての参入者の妨げとなっていた壁を打ち割ったのです。その「心理的」切り替えコストの大部分が補われました。利用者はより速くコスト面で効率の良いソリューションの「利用価値」を見出し始めたのです。翻訳サービスを購入するクライアントは、「機械翻訳は納品されたものと同等もしくはより良い品質を提供している」というような信じられない主張でサプライヤーに挑戦し始めました。 一方、翻訳者たちは、プロジェクトマネージャーから受け取った処理用の機械翻訳の出力を賞賛し始めました。

Trusted Translationsの機械翻訳エンジン

機械翻訳は、「バイリンガル・テキスト・コーパス」 と呼ばれる以前翻訳されたテキストに基づいています。古い技術の場合、十分に大きなコーパスが、非常に正確な機械翻訳エンジンの構築に役立ちました。NMTの登場により、高品質のコーパスが重視されるようになりました。使用されるアルゴリズムが実際の差別化要因ではなくなったため、大量の翻訳単位は必要ではなくなりました。つまり、MTの民主化が定着したのです。

Trusted Translations は、一般的なドメインニューラルMT がニーズに合わない場合に、カスタマイズされたニューラルMTベースのエンジンを提供することができます。それでも弊社の専門家は、まずソリューションが適切な選択肢であるかの判断を手伝います。次に、弊社は一般的な機械翻訳エンジン(GMTE)に基づいた一般的なドメインニューラル機械翻訳ソリューションまたはカスタム機械翻訳エンジン(CTME)に基づいたカスタム機械翻訳ソリューションのどちらの種類がお客様のグローバル戦略に役立つか提案いたします。

GNMTEとCNMTEの主な違いは、GNMTEは通常、特定のクライアントのニーズに合わせてカスタマイズされていない「汎用」のエンジンであるのに対して、CNMTEは特定のクライアントに合わせて構築および調整されたエンジンであるということです。両方のオプションは、人間のポストエディットで補うことができ、品質を上げるためのさらなるレビュー手順もあります。ただし、カスタマイズされた機械翻訳ソリューションでは、お客様の特定のニーズとコンテンツに基づいて、エンジン自体が時間とともにより賢くなることが可能となります。一般的な機械翻訳ソリューションは、通常、翻訳メモリサーバーを使用することで特定のクライアント向けにある程度改善できますが、カスタマイズされたエンジンをトレーニングするときと同じようなレベルにはなりません。

お客様の目標に基づいて、最適なアプローチを決め、計画し、AからZまでのMTソリューションを実装します。 Trusted Translations は、このテクノロジーを理解している世界でも数少ない企業の1つであり、 人間のカスタマイズとポストエディットによって時間とともに改善される高品質の機械翻訳を生成するソリューションを実装する知識を持っています。お客様のプロジェクトにMTソリューションが合っているかどうかいつでもご相談ください。

翻訳メモリサーバーと一般的なドメインMTエンジン

上述したように、翻訳メモリサーバーと一般的なドメインニューラルMTエンジンを組み合わせることで、高品質でカスタマイズされたニューラルMTソリューションと比較して、よりシンプルで低コストのソリューションを確率できます。これは、翻訳メモリサーバーを適切な翻訳メモリと統合することで実現されます。「翻訳メモリサーバー」(TMS)とは、翻訳メモリが保存され、他の翻訳者がアクセスできるサーバーのことを指します。サーバーは、翻訳メモリを中核に格納することで、人間の翻訳者が過去の翻訳にアクセスできるようにし、場合によっては翻訳メモリを変更および改善する機能を与えます。TMSを一般的なドメインニューラル機械翻訳エンジン(GNMTE)と混同してはいけません。この二つは個別に組み合わせたり別々で使用されるツールです。

GNMTEの結果だけでは、特定の主題については(人間が編集した場合でも)一般に信頼性が低いため、ワークフローに翻訳メモリサーバーを統合して出力の品質を向上させることをお勧めします。 Trusted Translations は、一般的なドメインニューラルMTソリューションの一部として、翻訳メモリの実装と翻訳メモリサーバーの管理に関して、業界で最も経験豊富なチームがいます。