アクセシビリティ基準: WCAG/508への準拠

Trusted Translationsは、翻訳だけでなく、ウェブコンテンツ・アクセシビリティガイドライン(WGAC、1998年に改正された1973年のアメリカのリハビリテーション法のセクション508とも呼ばれます)に準拠することにより、可能な限り幅広いユーザーがコンテンツを利用できるようにすることに注力しております。これは、お客様がご希望の場合は、翻訳のコンテンツがすべての人に同じレベルのアクセシビリティを提供できるようにするという意味です。当社は、聴覚障がい、視覚障がい、身体障がいを持つ方にも、他のユーザーと同じアクセシビリティをご提供いたします。Trusted Translationsは、翻訳、ローカリゼーション、グローバリゼーションを行うだけでなく、可能な限り幅広いユーザーがコンテンツを利用できるようにするために、それらよりも一段階上の作業を行います。

WCAG/508コンプライアンスの翻訳サービス

Trusted Translationsは、特に電子・情報技術で、アプリケーション、オペレーティングシステム、動画、またその他のマルチメディアやウェブベースの情報をWCAG/508コンプライアンス基準に準拠させる場合、すべてのプロジェクトが必要なアクセシビリティ基準を満たしているようにするために必要な専門知識を有します。当社は、これらの要件を満たす翻訳を行う際に留意しなければならない3つの重要事項があることを理解しております:

  • 技術要件:ウェブサイト、オペレーティングシステム、ソフトウェアなどのコーディングが、補助、適応、リハビリテーション用のデバイスと互換性があるようにします。これは、補助技術としても知られています。
  • 機能要件:システム全体が障がい者による使用に適応できるようにします。
  • サポート要件:障がいを持つ人にサポート文書と代替情報へのアクセシビリティを提供します。

プロジェクトが前述の3つの要件に準拠していない場合は、法律により、WCAG/508に準拠しているとは見なされません。WCAG/508コンプライアンスの翻訳は、ぜひTrusted Translationsにお任せください。すべての要件が最高の精度で満たされるように細心の注意を払いながら作業を行います。

たとえば、ウェブサイトの要件を満たさなければならない場合は、障がいのある人が殆どのウェブサイトでサイトのビジュアルを大幅に変更することなくアクセスできるようにします。視覚障がいのある人を対象とする場合は、サイト上の画像に、その画像を明示的に説明するための説明を追加します。同様に、色覚障がいのある方を対象とする場合は、その人が判別できる色を使用します。当社のDTPエキスパートが力を発揮するのはここです。当社の誇るグラフィック・デザイナーが、元のウェブサイトの魅力を維持しながらも、障がい者の方がウェブサイトを容易に閲覧できるようにデザインを施します。すべての視聴者がコンテンツを利用できるようにすることのもう一つの利点は、検索エンジンのランキングが向上し、小型デバイスのパフォーマンスが最適化されることです。

PDF翻訳のアクセシビリティ要件

Trusted Translationsは、幅広いユーザーやオーディエンスがコンテンツを利用できるように注力しております。これは、当社が擁するプロによる翻訳とローカリゼーションによって部分的には達成可能です。しかし当社は、本当の意味でより多くのユーザーを惹きつけるためには、すべてのユーザーがコンテンツを利用できるようにしなければならないことを理解しております。このことこそ、PDF文書を翻訳してすぐに使用可能なフォーマットでお客様に納品させていただくだけでなく、すべてのアクセシビリティ要件を満たしているようにする理由です。これは、たとえPDFファイルが正常な使用には適さなくなってしまう場合でも、すべてのユーザーがPDF文書を利用できるようにするという意味です。コンテンツをすべての人が利用できるようにするには、複雑な手順を踏まなければならないことは事実です。しかし、当社が誇るDTPのエキスパートは、どのようなPDF文書でも、すべてのアクセシビリティ要件を満たすように創り上げるための豊富な経験を有しております。